ABOUT US

OUR STRATEGY
私たちの事業戦略

どんな脅威が起こるか
誰も想像できないこれからの時代。
セキュリティエキスパートとして
革新的な技術ですべてを守り抜く覚悟を持って
次世代のセキュリティを構築していく。

  • - 毎日50万個の新たな脅威の出現
  • - 不正ドメインの約50%は1時間以上存在しない
  • - 約95%のマルウェアは1つのデバイスでしか見つからない
  • - サイバー攻撃の約77%はなりすましメールから始まる

※トレンドマイクロ調べ

これは、トレンドマイクロが日々収集している脅威情報から見出された、脅威の現実です。一昔前のパターン化された脅威とは違い、現在は、多種多様な脅威が存在し、その脅威は刻一刻と姿を変えていることがわかっています。攻撃者は企業が持っている様々な情報を手に入れるため、非常に巧妙に、かつターゲットを絞って攻撃を仕掛けているということがこの情報から見えてきます。

一方、お客様をとりまくIT環境も多様化しています。
クラウド・仮想化の利用は浸透し、モバイル端末の普及も進んでいます。
IT環境は多様化し、セキュリティ管理はますます難しくなってきています。

このような状況の今、これまでのセキュリティではなく、
次世代セキュリティのニーズが高まってきています。

今こそセキュリティを次の世代へ
「多層防御」とソリューションの「連携」が
サイバー攻撃から企業を守るカギに。

トレンドマイクロが提唱する「次世代型セキュリティ」は大きく2つの要素から成ります。一つは、「多層」の防御であり、もう一つはセキュリティソリューションの「連携」による「Connected Threat Defense」の実現です。多層防御とは、企業の抱える情報資産を保管する「サーバ」、交換する「ネットワーク」、そして利用する「ユーザ」の各レイヤー(層)のセキュリティを包括的に防御することを意味します。一方、防御のために顧客企業の事業拡大のスピードを損なうわけにもいきません。経営ニーズの変化に対応し、サイバー攻撃から情報資産を守り抜くセキュリティソリューションの提供が我々には求められています。

一方でネットワークの「境界線の消失」と「複雑化」が進む現在、内部と外部の境界線を守るだけでなく、管理コンソールを通じて、企業内のITネットワークを可視化し、あらゆるポイントで検知した脅威へ対処する、防御するといったサイクルを自動、高効率に行っていくソリューションを次世代セキュリティの「連携」と位置付けています。トレンドマイクロは、脅威防御のエキスパートとしての知見と、最新のIT技術を融合させることにより、刻一刻と進化する脅威に対して適切な防御を提供しています。

次世代型セキュリティが実現する画像

このように、トレンドマイクロでは、日々変化するお客様の状況を予測しながら、28年間におよぶセキュリティ専業で培った実績を元に、情報セキュリティ分野のエキスパートとして次世代のセキュリティソリューションを提供していこうとしています。